エンディング

エンディングの種類

全部で6種類
エンディングの分岐に重要な対リングは
第7章自由行動3 ボーナスシナリオ11で入手

・ラストバトルで対リングを持ってる場合
 アベル倒す:『旅立ち』
 撤退:『一緒に帰ろう』

・ラストバトルでリングを持ってない場合
 アベル倒す:『彼女は微笑む』
 撤退:『キミといつまでも』

・『キミといつまでも』を見て
 2週目選択肢正解+対リングを持ってない状態で撤退する:『それぞれの明日』

・ミニゲームを全部マスター
 達人ノ書~完~を買う、D・Jを買う:『サーカスED』


※攻略の選択肢通りでベストエンドいけます。(確認済)
戦闘ランク、インセストの少女の撃破・レア撃破の有無は関係ありません。(検証済)
選択肢も下記選択肢のみ影響するので、他の選択肢はどれを選んでも問題ありません(攻略本確認済)
5-2 みんなを助けたい
5-3 そうかもしれない
  信じている
6 そうだとは思わない
7-2 わからない
8-3 許すよ

ベストエンドでは大量に取りこぼしてきたフラグや複線などが全回収される。
がんばろう

2周目引き継ぎ特典

・セーブアイコンがカイン&マティアからアベル&レアになる。
・レベル上げの際の制限なし(上限は50)
・習得済みのスキル、習得中のスキルの経験値が引き継がれる。
・サーカスのミニゲームの結果が引き継がれる。
・クリアボーナスのペインリングが最初から使える。
・3周目などの場合は、1周目のクリアボーナスのペインリングと2周目のリングを
 両方所持した状態からスタート

ED名 ボーナスのリング リング所感
「旅立ち」 滅びの冥歌 他のリングに比べて見劣りするが、付属の支援スキル『リアクイレイス』は、主要攻撃キャラが習得していれば、最終戦をターン0クリアを可能にするほど便利。
「一緒に帰ろう」 神をも滅する剱 チートリングその1
全てのペインリングを何度でも使用可能にする「サバイブペイン」が強力。
カインがギャザペインを習得している場合、ベルカティア複数回召喚など応用多数可。
最速クリアを目指すのならこれ。
「彼女は微笑む」 再起する胎動 チートリングその2
何度死んでも復活する上に戦闘後の評価にも影響しない。マジでチート並
ちなみにリング発動のリザレクションはラーニング可能
「君といつまでも」 覇道を叫ぶ雷光 普通
呼べるペインキラーは見た目が違うだけで実質的にはティアーとかと同じ。呼べるのもカインだけ。
リングに付属してるスキル『クラストライト』が強力で、強烈な威力の広範囲魔法を放てる。
しかも旧時系ではなく、特質系の技なので、スキルマスターを持っていない者でも十分な威力と範囲で撃てる。(使用者のMagに依存しているので、使用者は選ぶと吉)
問題は範囲広すぎ・射程狭すぎの2つで味方や自分を巻き込みやすく、割と扱いづらい技
「それぞれの明日」 望む永遠 ちょっと便利
リザレクションの保険が何度も使えて便利。リングコマンドを使えば、うっかりやられてしまった味方を復活できる。良い保険リングといったところ
BS14追加イベントをクリア 再起する英雄 ちょっと便利
パフェクバリアが何度も使えるようになるリングは便利。ただ上記のチートリング2種と比べると便利止まりである。BS14『血塗られたラブレター』の追加イベント(セングラー所有時に発生)を見て本編をクリアすると手に入る。EDはどれでもいい。クリアボーナスとは別扱い。


  • 最終更新:2014-08-26 13:49:20

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード